イタウバとは



属・科目

クスノキ科 広葉樹(天然木)



原産地

ブラジル



材色

製材時は黄色のオリーブ色だが、乾燥時には褐色になる



木材の性質

南米ではもちろんのこと、ヨーロッパ各地でも、水中で用いても30年以上はもつ最高の材として長く使用されています。特有の油分を持ち、水分が内部に侵入することを防ぎます。また表面に滑らかさを生み、ササクレやトゲの発生を防ぐ効果もあります。シロアリに対しても抵抗力があり、床・柱脚材から橋にも使用されています。製材は比較的容易で、鉋削面は平滑で非常に美しい仕上がりになります。



使用上の注意

天然木により干割れが発生する場合がありますが、強度上には問題ありません
雨や紫外線により色褪せが発生します。
木肌が柔らかく、ササクレが発生しにくい性質ですが、まったくササクレが出ないということはありません。ご理解下さい。



木材特性比較

イタウバ    比重 0.93  曲げ強度 1,657kg/c屐 ^欺牟度 910kgf/c

ウリン     比重 1.04  曲げ強度 1,886kg/c屐 ^欺牟度 911kgf/c

イペ      比重 1.12  曲げ強度 1,848kg/c屐 ^欺牟度 966kgf/c

セランガンバツ 比重 0.98  曲げ強度 1,331kg/c屐 ^欺牟度 701kgf/c


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック